エンジェルス大谷 リーグトップと並ぶ12号ホームラン

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手は、16日に行われたレッドソックス戦の9回に今シーズン12号となる逆転のツーランホームランを打ってチームの勝利に貢献しました。

大谷選手は16日、相手の本拠地ボストンで行われたレッドソックス戦で今シーズン初めて3番・指名打者で先発出場しました。

1回の第1打席は、高めの変化球を打ってセカンドゴロ。

2回の第2打席は、空振りの三振でした。

5回の第3打席は、サードゴロでしたが、相手のエラーで塁に残ったあと後続のバッターのツーベースヒットで一気にホームをねらいましたが、相手の送球に阻まれてアウトとなりました。

7回の第4打席は、ライトフライでした。

迎えた第5打席は、4対5と1点を追う9回、2アウト一塁の場面で大谷選手は初球の150キロを超える速球を振り抜き、ライトポール際に逆転のツーランホームランを打って試合を決めました。

6対5で勝ったエンジェルスは連敗を「4」で止めました。

大谷選手のホームランは、これが今シーズン12号でアメリカンリーグのトップに並びました。

大谷選手は、この試合5打数1安打2打点で打率は2割6分2厘となっています。

レッドソックスの澤村拓一投手は、登板しませんでした。

大谷“すごく大きな一打”

試合後、大谷選手は逆転の1打が大リーグで打ったホームランの中で、最も重要な場面での1本だったのではないかと問われると「そうだと思う。うちもリリーフエースを投入する展開で、きょう勝つか負けるかではだいぶ違った。なんとか勝てたという意味ですごく大きかったと思う」と振り返りました。

そのうえで、投打の二刀流を続ける中でホームラン争いのトップに並んでいることについては「まだ10本ちょっとだし、開幕して期間もそんなにたっていない。バッティングもすごく絶好調というわけでもないので、微調整を繰り返しながら、もっと上げていけるように頑張りたい」と話していました。

相手投手も絶賛

9回に大谷選手に逆転ツーランホームランを許したレッドソックスの抑えピッチャー、マット・バーンズ投手は「ストレートを投げようと思ったが、真ん中に入ったボールを捉えられた。大谷は準備できていた」と振り返りました。

そのうえで対戦した大谷選手について「今まで見た中で最も才能豊かな選手だ。160キロを超えるボールを投げて、180メートル以上の打球を打つ選手を今後見られるとは思わない。特別な選手で、長くキャリアを続けられることを願っている」と絶賛していました。

大谷の次回登板は19日に

エンジェルスは、大谷選手の次回の登板日について19日のインディアンズ戦になると発表しました。

大谷選手は当初18日の登板を予定していましたが、ここまで投打で全39試合に出場している疲労を考慮され、1日ずらして中7日となる19日に登板することになりました。

チームは16日にレッドソックスとの3連戦を終え、試合後に飛行機でおよそ6時間かけてボストンからロサンゼルスに戻っていて、17日からは移動日なしで本拠地での8連戦に臨みます。

大谷選手はこれまで「こんなに続けて試合に出たことはないが、思ったより疲れてはいない」と話していて、今シーズンは試合前の練習を減らすなどして調整しながら大リーグ特有のハードな日程に対応しています。