小池都知事「安全安心な大会に向けて準備」東京パラ100日式典

東京パラリンピックの開幕まであと100日となった16日、都庁では記念の式典が大会の関係者のみで開かれ、東京都の小池知事は「安全安心な大会に向けて準備を進めていく」とあいさつしました。

ことし8月24日の東京パラリンピックの開幕まで16日で100日となり、都庁では記念の式典が緊急事態宣言が出ていることから一般客を入れずに大会の関係者8人が出席して行われました。

式典のあいさつで小池知事は「大会を成功に導いて障害のある人もない人も互いを尊重し合い、支え合う社会を実現する。安全安心な大会に向けて関係者と力を合わせ準備を進めていく」と述べました。
また、JPC=日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長は「『大会を中止にすべきだ』という声がニュースになり大変残念だが、徹底したコロナ対策による安全安心な開催準備に全力を尽くしていることを国内外に分かりやすく繰り返し伝えることが大事だ」と述べました。
式典では、パラリンピックのシンボルマークのモニュメントがお披露目されたほか、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが疫病退散などを願う伝統的な舞踊を披露しました。

東京大会をめぐっては、オリンピックの開幕がおよそ2か月後に迫っていますが、観客数の上限については決まっておらず、組織委員会や都などは来月にも決定し、準備を急ぎたい考えです。