大リーグ ドジャース 筒香嘉智の獲得発表

大リーグ、ドジャースは15日レイズを戦力外になった筒香嘉智選手をトレードで獲得したと発表しました。

筒香選手はプロ野球のDeNAからレイズに2年契約で加入しましたが、1年目の昨シーズンは打率1割9分7厘、今シーズンもここまで打率1割6分7厘ホームランなしと振るわず、11日に大リーグ契約の40人枠から外れレイズを戦力外となっていました。

ドジャースは15日、筒香選手をトレードで獲得したと発表し、大リーグの40人枠に入れることを明らかにしました。レイズは今後、ドジャースから金銭か、選手かを得るということです。

ドジャースはナショナルリーグ西部地区で8連覇中の強豪で昨シーズン32年ぶりにワールドシリーズ優勝を果たしました。これまで野茂英雄さんをはじめ黒田博樹さんや前田健太投手など多くの日本選手が在籍しています。

筒香選手にとっては、昨シーズンのワールドシリーズで敗れた相手にシーズン途中で加入する形となりました。

ドジャース プーホールズと契約合意報道も

ドジャースは投打にけが人が相次いでいて、今月エンジェルスを戦力外になった現役最多の通算667本のホームランを打っているアルバート・プーホールズ選手と契約に合意したとアメリカの複数のメディアが伝えていて、今シーズン不振に苦しんでいるスラッガー2人が新天地で力を示せるか注目されます。