福島第一原発 処理水の放出 敷地内港湾からか沖合からなど検討

東京電力福島第一原子力発電所でたまり続けるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水について、政府は先月基準以下に薄めたうえで2年後をめどに海へ放出する方針を決めましたが、東京電力では敷地内の港湾から放出するか、海底に配管を設置して沖合から放出するかなど具体的な方法の検討を進めています。

福島第一原発でたまり続けるトリチウムなどを含む処理水について、政府が2年後をめどに国の基準以下の濃度に薄めたうえで海へ放出する方針を決めたことを受け、東京電力は具体的な放出方法やモニタリングのあり方などの検討を進めています。

このうち、処理水を放出する場所については、
▽5号機と6号機の放水口を使用するなどして港湾から放出する方法と、
▽海底に配管を新たに設置し、沖合から放出する方法を中心に検討しているということです。

沖合からの放出は、他の原子力施設でトリチウムを放出する際に実施されている方法だということです。

また、港湾からの放出は、現在、建屋周辺でくみ上げたトリチウムを含む地下水を基準以下であることを確認したうえで放出する際に行われています。

東京電力は、地元自治体や漁業者などの意見を聞きながら、具体的な放出方法を決め、原子力規制委員会の認可を得たいとしています。

処理水の海への放出をめぐっては、先月の決定以降、説明が足りないとする漁業者からの要望を受けて国による説明会が福島県内で開かれ、反対する意見が出されています。