三木谷浩史氏 東京五輪「リスク大きく ことしの開催は反対」

楽天グループの三木谷浩史社長は、海外メディアのインタビューに応じ、東京オリンピック・パラリンピックについて、新型コロナウイルスのワクチン接種が遅れる中での開催は非常に危険で、リスクが大きすぎるなどと懸念を示しました。

楽天グループの三木谷社長は14日、アメリカのCNNのインタビューで、東京オリンピック・パラリンピックについて「ワクチンの接種が遅れているのは事実で、世界中から人が集まる大きな国際イベントを開催するのは、非常に危険でリスクが大きすぎる。ことし開催することは反対だ」と述べました。

また、開催が中止になる可能性があるかという質問に対しては「すべての可能性がある。プライベートでほかの国の人と話をするが、多くの人がことしの開催にあまり賛成していない」と述べました。

そのうえで三木谷社長は、この夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催を目指す日本政府の方針について「正直なところ私は『自殺行為のようなもの』と呼んでいる」などと述べました。