河合雅雄さん死去 ニホンザルなど霊長類研究で世界をリード

ニホンザルやヒヒなどの霊長類の研究で世界をリードし、自然をテーマにした児童文学でも知られる、京都大学名誉教授の河合雅雄さんが14日、老衰のため、兵庫県丹波篠山市の自宅で亡くなりました。97歳でした。

河合雅雄さんは大正13年に兵庫県で生まれ、京都大学理学部の動物学科に在学中、日本の霊長類研究の草分けとして知られる今西錦司さんの研究グループに参加しました。

河合さんは宮崎県の幸島で行った調査で、ニホンザルがイモを食べる時に海水で洗ってきれいにするとともに塩味をつけることを学び、その学習成果がほかのサルにも伝わっていくことを発見し、サルの文化的行動として国際的に大きな注目を集めました。

河合さんは財団法人・日本モンキーセンターの所長や京都大学霊長類研究所の教授や所長を歴任し、アフリカでゴリラやヒヒなどの野外調査を重ねました。

一方、草山万兎のペンネームで「ゲラダヒヒの紋章」などの児童文学作品も著し、特に心理学者で文化庁長官も務めた実弟の河合隼雄さんらと故郷の丹波篠山の自然の中で遊びまわった日々をつづった「少年動物誌」は、ロングセラーとなっています。

河合さんはテレビの自然科学番組にも数多く出演し、わかりやすい解説で人類の進化や野生生物の生態について紹介し、平成2年には放送文化賞を受賞しています。

山極壽一さん「人間以外にも文化社会 証明して見せた」

亡くなった河合雅雄さんと同じ霊長類の研究者で、京都大学の前学長の山極壽一さんはことしの3月に河合さんの自宅に見舞いに訪れていて、14日、河合さんの家族から連絡を受けて亡くなったことを知ったということです。

河合さんについて「1940年代に始まった日本の霊長類研究の草創期を、今西錦司さんらとともに支えた1人だ。言葉を持たない動物には文化がないと思われていた時代に、ニホンザルの行動を観察して社会構造があることを明らかにし、人間以外にも文化社会があることを証明してみせた」と述べました。

そのうえで「その後も世界で初めて野生のマウンテンゴリラの撮影に成功したほか、テレメトリーと呼ばれる方法でオナガザルの行動を調べ、発信器を使った動物の行動調査の先駆けとなり、霊長類学の発展に大きく貢献された方だった」と話していました。