中国の探査機 火星着陸に初めて成功 旧ソビエトと米に次ぎ

中国政府は、中国の火星探査機が15日午前、中国の探査機として初めて火星への着陸に成功したと発表しました。火星への着陸は旧ソビエトとアメリカに次いで3か国目です。

中国国家宇宙局は探査機「天問1号」が日本時間の15日午前8時すぎ中国の探査機として初めて火星への着陸に成功したと発表しました。探査機に搭載された探査車が今後火星の表面を走行し、地形などを調査することにしています。

火星に着陸するのは旧ソビエトとアメリカに次いで3か国目で、探査車が表面での探査に成功すればアメリカに次いで2か国目になります。

「天問1号」は去年7月に打ち上げられ、ことし2月に火星の周回軌道に到達していました。

着陸を受けて習近平国家主席は探査の関係者に送った祝電で「わが国の宇宙事業にとって記念すべき節目となる進展であり、惑星探査の領域で世界をリードする国の1つになった」と成果を強調しました。

中国は世界の宇宙開発をリードする「宇宙強国」を目指していて、ことし7月には共産党の創立から100年を迎えることから、着陸を成果として国威発揚にもつなげたいものとみられます。

火星探査機は地球と火星の距離が近くなった去年7月に各国が相次いで打ち上げていて、ことし2月にはNASA=アメリカ航空宇宙局の火星探査車が着陸したほか、UAE=アラブ首長国連邦の探査機も火星の周回軌道に到達しています。