プロ野球 首位阪神 2位巨人に勝利 4.5ゲーム差に

プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、セ・リーグは、首位の阪神が2位の巨人に勝って、ゲーム差が4.5に広がりました。

セ・リーグです。

▽巨人対阪神は、阪神が2対1で勝ちました。

阪神は1点を追う4回、マルテ選手の8号ソロで追いつき、梅野選手のタイムリーで勝ち越しました。

先発の青柳投手は7回を1失点に抑え、およそ1か月ぶりの勝ち星で3勝目を挙げました。

阪神は、引き分け1つを挟んで4連勝です。

巨人は先発の畠投手が7回2失点と好投しましたが、打線の援護がありませんでした。

▽中日対ヤクルトは、ヤクルトが4対1で勝ちました。

ヤクルトは2回と4回にいずれもサンタナ選手がタイムリーを打って2点をリードし、1点差になった8回には山田選手のタイムリーで追加点を挙げました。

先発の金久保投手は、打球を受けて3回途中で交代しましたが、リリーフで登板した6人がふんばってリードを守り、2人目の今野投手が2勝目を挙げました。

中日はヒット10本を打ちましたが、タイムリーは1本だけで、13残塁と得点に結び付きませんでした。

▽広島対DeNAは、広島が9対2で勝ちました。

広島は2回、小園選手のタイムリーと羽月選手の2点タイムリーツーベースで3点を先制し、1点差になった4回は松山選手の2点タイムリーで突き放しました。

先発の高橋コウ也投手は6回2失点で2勝目です。

DeNAは攻守で精彩を欠き、引き分け1つを挟んで4連敗となりました。

パ・リーグです。

▽オリックス対楽天は、オリックスが9対4で勝ちました。

オリックスは1回、宗選手のタイムリーツーベースや杉本選手のタイムリーなどで3点を先制し、2回にも宗選手のタイムリースリーベースを含む3連打で2点を追加して、序盤で主導権を握りました。

5回には紅林選手の2号スリーランでさらにリードを広げ、先発の山岡投手が8回を3失点に抑えて2勝目を挙げました。

楽天は先発の涌井投手が3回5失点と崩れて、2敗目を喫しました。

▽ロッテ対西武は、4対4で引き分けました。

ロッテは2点を追う9回、1アウト二塁からレアード選手が3試合連続となる7号ツーランを打ち、引き分けに持ち込みました。

西武は5回に中村選手の2点タイムリーで勝ち越しましたが、3人目のギャレット投手が9回を抑えられませんでした。

▽日本ハム対ソフトバンクは、ソフトバンクが5対2で勝ちました。

ソフトバンクは5回、上林選手のタイムリーで先制し、6回には、柳田選手と長谷川選手の連続タイムリーツーベースで3点を加えました。

先発の石川投手は7回途中まで2失点に抑えて、開幕戦以来の2勝目を挙げました。

日本ハムは、先発したルーキーの伊藤投手が中盤に崩れました。