中国外務省 日本の防衛白書の素案に強く反発「内政干渉」

日本のことしの防衛白書の素案で、中国が台湾周辺で軍事活動を活発化させているとして軍事的な動向を注視する必要があるなどと指摘していることに関連して、中国外務省は「内政干渉だ」と強く反発しました。

ことしの防衛白書の素案では、中国が台湾周辺で軍事活動を活発化させる一方、アメリカが軍事面で台湾を支援する姿勢を鮮明にしているとしたうえで、台湾などをめぐる両国の軍事的な動向を注視する必要があるなどと指摘しています。

これに関連して、中国外務省の華春瑩報道官は14日の記者会見で「日本はこのところ、中国のことに次から次に口出しして不当に内政に干渉し、中国の正常な国防や軍事活動を理由なく非難している。これは著しく間違っているうえ、無責任であり、強い不満を示し、断固反対する」と強く反発し、日本側に厳正な申し入れを行ったと明らかにしました。

そのうえで、華報道官は「台湾は中国の領土であり、いかなる国であろうと、台湾問題への介入は絶対に許さない。日本には正しい意識で中国の主権を尊重し、地域の平和と安定に向けた誠意を示してもらいたい」と述べ、日本側をけん制しました。