埼玉 東松山市 東京五輪キューバの事前合宿 受け入れ中止

東京オリンピックに向けて、キューバの選手の事前合宿が予定されていた埼玉県東松山市は、練習などを行うことにしていた大学の施設の利用が難しくなったことなどから、受け入れを中止することを決めました。

東松山市は東京オリンピックに向けて、キューバのホストタウンに登録され、テコンドーやレスリングなど格闘技系の競技の事前合宿が来月末から行われる予定になっていました。

事前合宿では、市内にキャンパスがある大東文化大学の施設を練習や宿泊で利用することにしていましたが、去年の秋、大学側からオンライン授業が続いている学生の支援を優先させたいとして、施設の提供を辞退する連絡があったということです。

そのため、市は代わりとなる施設を検討していましたが、ふさわしい施設がないことから、12日に正式に中止を決定し、キューバ側にも伝えたということです。

東松山市教育委員会スポーツ課は「大学と市が連携して受け入れを進めていたが、コロナ禍の状況で学生支援を優先するのはいたしかたない。引き続き何らかの形での交流は考えていきたい」とコメントしています。