菅首相 韓国の情報当局トップと12日会談

菅総理大臣が12日、韓国の情報当局のトップ、パク・チウォン(朴智元)国家情報院長と会談していたことが分かりました。

日韓関係筋によりますと、菅総理大臣は12日、東京都内で韓国のパク・チウォン国家情報院長と会談したということです。

会談でパク院長は、日韓関係が慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で冷え込んでいることを踏まえ、関係改善を進めるべきだという考えを伝えたほか、東京オリンピック・パラリンピックの成功への期待を伝えたということです。

また、菅総理大臣と韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領との日韓首脳会談を行うべきだという考えも伝えたということです。

パク院長は12日、瀧澤内閣情報官、アメリカのヘインズ国家情報長官と東京都内で日米韓3か国の情報当局トップによる会談を行ったほか、自民党の二階幹事長とも電話で会談しています。

これに関連して加藤官房長官は、午前の記者会見で「政府は海外情報機関とさまざまなレベルで意見交換や協力を行っているところだが、具体的な活動内容に関してのコメントは差し控えている」と述べました。

韓国メディアも会談したと相次いで伝える

韓国メディアも、パク・チウォン国家情報院長が菅総理大臣と会談したと相次いで伝えました。

このうち通信社の連合ニュースによりますと、パク院長が日韓関係について「今のような状況ではならない」という趣旨の発言をし、関係改善の必要性や意志を強調したのに対して、菅総理大臣も共感を示したということです。

また革新系のハンギョレ新聞は、韓国の与党関係者の話として、パク院長が、両国の協力と関係改善を希望する内容のムン・ジェイン大統領のメッセージを口頭で伝えたとしたうえで、会談は和やかな雰囲気だったと報じています。