殺人容疑で医師と一緒に逮捕の母親“計画知っていた”趣旨の話

難病・ALS患者への嘱託殺人事件で逮捕・起訴された医師2人が、10年前にこのうち1人の父親を殺害したとして逮捕された事件で、一緒に逮捕された母親が、逮捕前の警察の事情聴取に「殺害の計画を知っていた」という趣旨の話をしていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は逮捕後の3人の認否について明らかにしていません。

いずれも医師の大久保愉一容疑者(43)と山本直樹容疑者(43)、それに母親の淳子容疑者(76)は、10年前、山本医師の当時77歳で精神疾患があった父親を入院先の病院から東京都内に連れ出して殺害したとして、12日、逮捕されました。

これまでの調べで、父親が死亡した前後に3人が殺害をほのめかすメールをやり取りしていたことが分かっていますが、淳子容疑者が逮捕前の警察の事情聴取に「あらかじめ殺害の計画を知っていた」という趣旨の話をしていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。

警察は事件前後の3人のやり取りなどについて調べを進めることにしています。

警察は逮捕後の3人の認否について明らかにしていません。

大久保医師と山本医師は難病、ALSを患う京都市の女性の依頼を受け薬物を投与して殺害したとして、去年、逮捕・起訴されています。