トランプ前大統領を批判した共和党幹部 指導部の役職解かれる

アメリカ議会の野党・共和党の有力議員がトランプ前大統領を批判し、党の結束を損なったとして、指導部の役職を解かれました。
後任にはトランプ氏を支持する議員が選ばれる見通しで、共和党支持者の根強い人気を反映した動きと受け止められています。

アメリカ議会下院の野党・共和党は12日、非公開で所属議員の会合を開き、ナンバー3の役職にあったチェイニー議員の役職を解くことを決めました。

チェイニー議員は、ブッシュ政権のチェイニー元副大統領の長女で、ことし1月には議会への乱入事件をめぐり、トランプ前大統領の罷免を求めた弾劾訴追の決議案に賛成するなどトランプ氏を批判し続けてきました。

これに対して、トランプ氏や下院の共和党トップのマッカーシー院内総務らは党の結束を損なったとして、チェイニー議員の解任を呼びかけていました。

解任後、チェイニー議員は「これが今の共和党だ。われわれは前大統領の危険なうそに引きずられるわけにはいかない」と述べ、トランプ氏を重ねて批判しました。

アメリカメディアは、後任にはトランプ氏を支持する議員が選ばれる見通しだと伝えています。

解任は共和党支持者の間でトランプ氏の人気が根強いことを反映した動きと受け止められていて、共和党としては多数派の奪還を目指す来年の中間選挙を視野に、支持者を意識した動きを一層強める可能性もありそうです。