東京パラ 車いすバスケ男子予選リーグ 強豪スペインと同組

東京パラリンピックで行われる車いすバスケットボールの組み合わせ抽せんが12日、イギリスで行われ、初のメダル獲得を目指す日本の男子は前回のリオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得したスペインなどと予選リーグで同じグループに入りました。

車いすバスケットボールはパラリンピックの人気競技で、東京大会では男子が12チーム、女子は10チームが参加し、いずれも2つのグループに分かれて予選リーグが行われます。

日本は男女ともに開催国枠ですでに出場することが決まっていて、12日にはイギリスで組み合わせ抽せんが行われました。

この結果、過去最高の7位から初のメダル獲得を目指す男子は予選リーグのグループAに入りました。

グループAには、このほか2012年のロンドンパラリンピックで金メダルを獲得したカナダ、前回のリオデジャネイロ大会で銀メダルだったスペイン、トルコ、コロンビア、それに韓国が入りました。

また、3大会ぶりの出場で3回目のメダルをねらう日本の女子は「グループA」に入りました。

ロンドン大会で銀メダルのオーストラリア、それにリオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得したドイツ、カナダ、それにイギリスが同じグループになっています。

男女ともに予選リーグの上位4チームが準々決勝に進みます。

予選リーグは8月25日から始まり、決勝は女子が9月4日、男子が5日に有明アリーナで行われます。