プロ野球結果 1試合が雨で中止

プロ野球は1試合が雨で中止となり、5試合が行われました。

セ・リーグです。

▽ヤクルト対広島は0対0で引き分けました。

広島の森下投手は7回を投げ、フォアボール6つを与えるなど毎回ランナーを出しましたが要所では球威でヤクルト打線を抑え込みました。

ヤクルトの田口投手も7回を投げて再三ランナーを背負いましたが変化球主体のピッチングで切り抜けました。

▽DeNA対巨人は5対5で引き分けました。

巨人は2点を追う9回、2アウト一塁から岡本和真選手の8号ツーランで追いつき、その裏を6人目の中川投手がしのぎました。

DeNAは8回にソト選手の4号ツーランと牧選手の8号ソロで逆転しましたが、抑えの三嶋投手が2試合続けて崩れました。

▽阪神対中日は雨で中止となりました。

パ・リーグです。

▽楽天対西武は楽天が4対3で勝ちました。

楽天は0対2の4回、島内選手の2点タイムリースリーベースで追いつき、さらに内野ゴロとスクイズで2点を勝ち越しました。

先発の則本昂大投手は7回3失点で三振10個を奪いおよそ1か月ぶりの勝ち星となる3勝目、松井投手は2年ぶりの10セーブ目をあげました。

西武は追い上げもおよびませんでした。

▽ソフトバンク対ロッテは8対8で引き分けました。

ロッテは6対8の9回、代打・エチェバリア選手のタイムリーと荻野選手の犠牲フライで同点としました。

ソフトバンクは7回に甲斐選手の4号ツーランなどで5点を挙げて逆転しましたが、5人目のモイネロ投手が誤算でした。

▽日本ハム対オリックスは日本ハムが2対1で勝ちました。

日本ハムは2回、王選手の1号ソロで先制し、7回は大田選手のタイムリーで追加点を挙げました。

先発の加藤投手は7回を投げてヒット4本無失点で3勝目です。

オリックスは山本投手が7回2失点でしたが打線の援護がありませんでした。