新型コロナ変異ウイルス 1週間で5400人余感染確認 過去最多

変異した新型コロナウイルスについて、厚生労働省は、自治体の検査で確認された感染者が1万9000人を超えたと発表しました。11日までの1週間では過去最多の5400人余りの感染者が確認され、厚生労働省が警戒を強めています。

全国の自治体では、新型コロナウイルスの新規感染者の一部から検体を抽出して、イギリスやブラジル、南アフリカ、それにフィリピンで確認されている変異ウイルスに感染していないかを調べています。

厚生労働省によりますと、去年12月から11日までに、自治体から報告された変異ウイルスの感染者は、全国で合わせて1万9262人に上りました。

11日までの1週間では44の都道府県で合わせて5426人の感染が報告され、前の週より1692人、率にして45%増加し、1週間の人数としてはこれまでで最も多くなっています。

都道府県別で最も多かったのが東京都で1811人、次いで大阪府が765人、埼玉県が421人、神奈川県が302人、千葉県が268人でした。

東京都は、前の週のおよそ2倍に、大阪府はおよそ1.8倍に上っています。

また、これまでに変異ウイルスへの感染が確認されたおよそ3200人について、検体の遺伝子を解析した結果、97%の人からイギリスで最初に見つかったウイルスが検出されたということです。

変異ウイルスの検査を受けた人のうちどれほどの人が確認されたかを示す陽性率は、関西や九州を中心に8割を超える地域が相次いでいて、厚生労働省は全国的に置き換わりが進んでいるとみて警戒を強めています。

都道府県ごとの確認数は

※( )内は、5日~11日の1週間で増えた数。

11日までに自治体の検査で変異ウイルスへの感染が確認されたのは、
▽東京都が4600人(+1811人)、
▽大阪府が3237人(+765人)、
▽埼玉県が1268人(+421人)、
▽神奈川県が1051人(+302人)、
▽京都府が847人(+138人)、
▽愛知県が778人(+191人)、
▽千葉県が733人(+268人)、
▽兵庫県が537人(+54人)、
▽奈良県が457人(+178人)、
▽北海道が430人(+82人)、
▽愛媛県が427人(+65人)、
▽広島県が412人(+57人)、
▽福岡県が353人(+96人)、
▽三重県が323人(+92人)、
▽香川県が318人(+32人)、
▽滋賀県が276人(+44人)、
▽富山県が262人(+48人)、
▽静岡県が210人(+44人)、
▽新潟県が199人(+82人)、
▽岐阜県が199人(+40人)、
▽山口県が196人(+46人)、
▽群馬県が187人(+84人)、
▽茨城県が181人(+46人)、
▽岡山県が168人(+1人)、
▽徳島県が139人(0人)、
▽長野県が137人(+59人)、
▽宮崎県が131人(+47人)、
▽高知県が129人(+83人)、
▽熊本県が118人(+42人)、
▽沖縄県が113人(+40人)、
▽和歌山県が104人(+11人)、
▽山梨県が101人(+53人)、
▽鳥取県が88人(+21人)、
▽宮城県が81人(+9人)、
▽福井県が77人(+1人)、
▽栃木県が72人(+17人)、
▽秋田県が54人(+19人)、
▽島根県が52人(+21人)、
▽石川県が50人(+2人)、
▽鹿児島県が48人(+4人)、
▽大分県が41人(0人)、
▽佐賀県が36人(+1人)、
▽長崎県が22人(+3人)、
▽福島県が9人(+1人)、
▽山形県が6人(+3人)、
▽青森県が3人(+2人)、
▽岩手県が2人(0人)となっています。

厚生労働省は、感染者情報を集約するシステム「HERーSYS」を通じてこれらのデータを集めているため、自治体の発表と人数が異なる場合があります。