ALS患者嘱託殺人の罪で起訴の医師ら 殺人容疑で再逮捕 京都

難病のALSを患う京都市の女性から依頼を受け薬物を投与して殺害したとして逮捕・起訴された医師2人が、10年前に死亡したこのうち1人の父親についても殺害したとして再逮捕されたことが、捜査関係者への取材で分かりました。
警察は70代の母親も逮捕し、詳しいいきさつを調べています。

いずれも医師の大久保愉一被告(43)と山本直樹被告(43)は、おととし、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALSを患う京都市の女性から依頼を受け薬物を投与して殺害したとして去年7月、嘱託殺人の疑いで逮捕され、その後起訴されました。

捜査関係者によりますと警察のその後の調べで10年前の平成23年に山本医師の父親が77歳で死亡した前後に、医師2人と母親の3人が殺害をほのめかすメールをやり取りしていたことや、当時、医師らが父親を、入院先の病院から東京都内のアパートに連れ出し、その日のうちに死亡したとみられることなどが分かったということです。

警察は何らかの方法で父親を殺害した疑いがあるとして医師2人を再逮捕するとともに、母親の淳子容疑者(76)も逮捕したということで、今後、詳しいいきさつを調べることにしています。