ソフトバンクG 最終利益4兆9879億円 東証上場の日本企業で最高

ソフトバンクグループの昨年度の最終的な利益が4兆円を超え、国内企業では過去最高となりました。世界的な株高を背景に投資先企業の新規上場や株価の値上がりで利益が押し上げられました。

ソフトバンクグループが、12日発表した昨年度のグループ全体の決算は最終的な利益が4兆9879億円となりました。

世界的な株高を背景にアメリカのIT企業ウーバーなど投資先の企業の株価が値上がりしたことに加え、アメリカの料理宅配のドアダッシュや韓国のネット通販のクーパンが新たに上場したことで、保有する株式の評価益が底上げされました。

また、通信子会社のソフトバンクや、ヤフーとLINEを傘下におくZホールディングスといったグループの会社の業績も好調でした。

前の年度の決算は、新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした金融市場の動揺などの影響で9615億円の赤字でしたが、一転して巨額の黒字となりました。

SMBC日興証券によりますと、4兆円を超える最終利益は東京証券取引所に上場する日本企業としてこれまでで最高になります。

孫社長「5兆円や6兆円で満足する男ではない」

ソフトバンクグループの孫正義社長は記者会見で「まだまだ満足していない。5兆円や6兆円で満足する男ではない。10兆円でも全然満足しない。製造業のように毎年、上場企業を生み出していく。AI革命は始まったばかりだ」と述べ、引き続き積極的にAI関連の企業に投資し、利益を拡大していく考えを強調しました。一方、今年度の業績の見通しについて会社は、未確定な要素が多いとして公表を控えるとしています。

GAFAなどとも肩を並べる水準に

ソフトバンクグループの4兆9800億円余りの最終利益は、アメリカの巨大IT企業とも肩を並べる水準となっています。

このうち、
▽アップルは去年9月までの1年間の最終的な利益が574億ドル、日本円にしておよそ6兆2400億円。

▽グーグルの親会社のアルファベットは、去年1年間の最終的な利益が402億ドルでおよそ4兆3800億円。

▽フェイスブックの去年1年間の最終的な利益は291億ドル、およそ3兆1700億円。

▽アマゾンの去年1年間の最終的な利益は213億ドル、およそ2兆3200億円となっています。

▽マイクロソフトは去年6月までの1年間の最終的な利益が442億ドル、およそ4兆8100億円となっていて、アップルを除きソフトバンクグループの利益が上回っています。

さらに中国のIT企業との比較では、
▽テンセントは去年1年間の最終的な利益が日本円にしておよそ2兆7000億円。

▽アリババグループの去年3月までの1年間の最終的な利益はおよそ2兆5200億円。

▽ファーウェイの去年1年間の最終的な利益はおよそ1兆900億円で、いずれもソフトバンクグループがこれらを上回る形となっています。

孫社長「天下りは絶対いけない」

NTT経営陣による総務省幹部の接待問題に関連して、ソフトバンクグループの孫正義社長は12日の決算会見で「監督官庁の方々と癒着のような会食は絶対いけないことで、われわれはしておりません」と述べました。

そのうえで、孫社長は監督官庁の幹部を退職後に企業が受け入れるいわゆる天下りについて「天下りは年間、数千万円もの報酬を払っている。もっと人々から責められるべきで人的賄賂だ。少なくとも自分たちの業界の監督官庁から天下りを受け入れるということは、絶対にしないということを内部にも外にも公言している」と述べました。