ワクチン接種 大規模会場と自治体の二重予約防げず 対応を検討

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、加藤官房長官は、午前の記者会見で、東京と大阪に会場を設ける大規模接種と各自治体での接種について、二重の予約などを防止する仕組みになっていないとして、対応を検討していることを明らかにしました。

この中で、加藤官房長官は、東京と大阪に会場を設けるワクチンの大規模接種と各自治体での接種について「国が進める大規模接種会場の予約は、システム的には各自治体とはつながっていない」と述べ、二重の予約などを防止する仕組みになっていないことを明らかにしました。

そのうえで「二重の予約になると、他の人の予約が受けられなかったり、キャンセルが生じることでワクチンがむだになったりするおそれもある。大規模接種センターで予約した場合は、速やかに市区町村での予約を取り消していただきたいと予約画面で周知することを検討している」と述べました。