立民 高齢者ワクチン 自治体支援の「7月末までに」は半ば脅し

高齢者向けのワクチン接種をめぐり、総務省が課題のある自治体を個別に支援していくとしていることについて、立憲民主党の安住国会対策委員長は、7月末までに必ず接種を終えるよう迫る行為にも見え、半ば脅しに当たると批判しました。

高齢者向けのワクチン接種をめぐっては、自治体側から、菅総理大臣が言及した7月末までに終えることは難しいという声が寄せられている一方、総務省が支援本部を設置し、課題のある自治体を個別に支援するとしています。

立憲民主党の安住国会対策委員長は、党の会合で「自治体はワクチン接種では、現状においても、すでに極めて常識的に最大限の努力をしている」と指摘しました。

そのうえで「そうした中で、総務省が全国の自治体を支援すると通知を出したことは、助言という名のもとに『7月末までにやれるんだろうな』と迫っているようにも見え、半ば脅しだ」と批判しました。