化学メーカーの工場で爆発 4人重軽傷 福島 いわき

11日朝、福島県いわき市の化学メーカーの工場で爆発があり、4人が重軽傷を負いました。爆発の発生から10時間余りたった今も消し止められていません。

11日午前7時45分ごろ、いわき市常磐岩ヶ岡町にある「堺化学工業 湯本工場」で「爆発音がして煙が見える」と、近くの住民から消防に通報がありました。

警察や消防などによりますと、この爆発で協力企業の社員4人が病院に運ばれ、このうち63歳の男性1人が全身にやけどを負って重傷です。

また、62歳と42歳、それに29歳の男性も顔や背中などにやけどをして病院で手当てを受けていますが、4人とも意識があり、命に別状はないということです。

爆発した工場は、建物の外壁や屋根に大きな穴があいて、周りに爆発で吹き飛んだとみられる部材が散乱していました。

会社によりますと、この工場では、亜鉛のかたまりを熱して蒸発させたうえで冷やし、防さび塗料などに使われる亜鉛の粉末を製造していて、従業員が亜鉛の粉末を飛ばしてふるいにかけるためのファンのスイッチを入れたところ、異音がして間もなく爆発したということです。
現場は、JR常磐線の湯本駅から南におよそ3キロの、工場が建ち並ぶ地域で、いわき市は、有毒ガスなどが発生するおそれもあるとして、一時、近隣の住民に屋内に避難するよう呼びかけました。

測定の結果、有毒ガスは検出されなかったということです。

昼ごろには火の勢いはおさまりましたが、発生から10時間余りたった今も消し止められていません。

消防は、11日午後6時半に消火活動を打ち切り、12日午前6時から活動を再開することにしています。