菅内閣 「支持する」9ポイント減の35% 内閣発足以降最低に

NHKの世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、先月より9ポイント下がって35%と去年9月の内閣発足以降、最も低くなりました。

NHKは、今月7日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは、2092人で、60%にあたる1248人から回答を得ました。

菅内閣を「支持する」と答えた人は先月より9ポイント下がって35%と去年9月の内閣発足以降、最も低くなりました。

一方、「支持しない」と答えた人は、5ポイント上がって43%で、不支持が支持を上回りました。

支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が44%、「支持する政党の内閣だから」が23%、「人柄が信頼できるから」が19%などとなりました。

支持しない理由では、「政策に期待が持てないから」が40%、「実行力がないから」が39%、「人柄が信頼できないから」が9%などとなりました。
新型コロナウイルスに自分や家族が感染する不安をどの程度感じるか聞きました。

「大いに感じる」と「ある程度感じる」がいずれも43%、「あまり感じない」が8%、「まったく感じない」が2%でした。
新型コロナウイルスをめぐる政府のこれまでの対応について、「大いに評価する」が4%、「ある程度評価する」が29%、「あまり評価しない」が44%、「まったく評価しない」が19%でした。
変異ウイルスへの感染が拡大していることに、どの程度不安を感じるか聞いたところ、「大いに感じる」が54%、「ある程度感じる」が34%、「あまり感じない」が7%、「まったく感じない」が2%でした。
政府は、東京など4都府県に対する緊急事態宣言を、愛知県、福岡県を対象に追加して、今月末まで延長することになりました。

感染拡大防止にどの程度効果があると思うか聞いたところ、「大いにある」が11%、「ある程度ある」が45%、「あまりない」が32%、「まったくない」が7%でした。
菅総理大臣は、7月末を念頭に、高齢者へのワクチン接種を完了できるよう取り組む考えを示しています。

接種の進み具合は、順調だと思うか遅いと思うか聞いたところ、「順調だ」が9%、「遅い」が82%でした。
感染拡大の影響で、家庭の収入に変化があったか聞いたところ、「減った」が21%、「変わらない」が73%、「増えた」が2%でした。
東京オリンピック・パラリンピックの観客の数について、IOC=国際オリンピック委員会などは来月判断することになりました。

どのような形で開催すべきと思うか聞いたところ、「これまでと同様に行う」が2%、「観客の数を制限して行う」が19%、「無観客で行う」が23%、「中止する」が49%でした。