東日本から西日本で気温上昇 熱中症に注意

東日本や西日本では気温が上がり、最高気温が30度以上の真夏日となるところもある見込みです。
体がまだ暑さに慣れていないことから、熱中症への注意が必要です。

気象庁によりますと、東日本や西日本は緩やかに高気圧に覆われ、暖かい空気が流れ込んでいるため気温が上昇しています。

午前11時30分までの各地の最高気温は、東京・練馬区や群馬県の高崎市、それに三重県の尾鷲市で28.8度、静岡市清水で28.6度、宮崎県の宮崎空港で28.1度などとなっています。

このあともさらに気温は上がり、日中の最高気温は、さいたま市で30度と真夏日になると予想されているほか、東京の都心や前橋市、宮崎市で29度、甲府市や徳島市で28度などと予想されています。
この時期は、体がまだ暑さに慣れていないことから、気象庁は、こまめに水分を取るなど、熱中症に注意するよう呼びかけています。

また、北日本や日本海側では寒気を伴った低気圧の影響で大気の状態が不安定になっているため、急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風のほか、「ひょう」にも注意が必要です。