茨城家族殺傷事件 容疑者が事件前に現場周辺地域を検索か

おととし茨城県境町の住宅で家族4人が殺傷された事件で、殺人の疑いで逮捕された埼玉県の26歳の男が、事件前に現場周辺の地域についてインターネットで検索していた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。

おととし9月、茨城県境町の住宅で、会社員の小林光則さん(当時48)と、妻でパート従業員の美和さん(当時50)が刃物で刺されて殺害され、中学生の長男と、小学生だった次女も重軽傷を負った事件で、警察は7日、埼玉県に住む無職の岡庭由征容疑者(26)を夫婦に対する殺人の疑いで逮捕しました。

岡庭容疑者は9日午前、身柄を水戸地方検察庁に送られました。

岡庭容疑者は現場周辺が写った画像を保存し、その後、削除していた疑いがあることがわかっていますが、これまでの調べで、事件前に現場周辺の地域についてインターネットで検索していた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。

自宅は現場からおよそ30キロ離れていて、警察は詳しいいきさつを調べています。

警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

岡庭容疑者を送検

殺人の疑いで逮捕された岡庭由征容疑者は、9日午前9時前、境警察署から水戸地方検察庁に身柄を送られました。

白いマスクをして終始うつむいたままで、表情をうかがうことはできませんでした。