茨城家族殺傷事件 容疑者が事件前に催涙スプレー購入か

2019年、茨城県境町の住宅で家族4人が殺傷された事件で、このうち夫婦を殺害した疑いで逮捕された埼玉県の26歳の容疑者が、事件の前にインターネットで催涙スプレーを購入していたことが捜査関係者への取材でわかりました。けがをした次女も催涙スプレーのようなものをかけられていて、警察は詳しいいきさつを調べています。

2019年9月、茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(当時48)と妻でパート従業員の美和さん(当時50)が刃物で刺されて殺害され、中学生の14歳の長男と小学生だった13歳の次女も重軽傷を負いました。

この事件で警察は今月7日、埼玉県三郷市の無職、岡庭由征容疑者(26)を夫婦に対する殺人の疑いで逮捕しました。

その後の調べで、岡庭容疑者が事件の前にインターネットで催涙スプレーを購入していたことが捜査関係者への取材でわかりました。

けがをした次女も催涙スプレーのようなものをかけられていて、警察は岡庭容疑者が購入した催涙スプレーが事件で使われていないか詳しく調べています。

警察は捜査に支障があるとして認否は明らかにしていません。