飲食店の感染対策に認証制度導入を 政府が都道府県に求める

飲食の場面での感染を防止するため、政府は自治体などの第三者が適切な対策を講じている飲食店を認証する取り組みを導入するよう都道府県に求め、対策の徹底を図る方針です。

新型コロナウイルスの感染を防止するため、政府は飲食の場面での対策が重要だとしています。

対策の徹底を図るため、政府は、飲食店で適切な対策が講じられているか自治体などの第三者が確認し認証する取り組みを導入するよう都道府県に求めています。

認証基準の案として、客の入店時に必ず手指消毒を呼びかけることや、食べたり飲んだりする時以外はマスクの着用を周知すること、テーブルでは向かい合わない形で席を配置するか、パーティションを設置することなどを示しています。

政府は都道府県から実施状況などについて報告を受けることにしており、速やかな導入を促していく方針です。