プロ野球 ソフトバンク 本拠地を接種会場に無償提供の意向

プロ野球、ソフトバンクは新型コロナウイルスのワクチンを接種する会場として福岡市の本拠地、PayPayドームを提供する意向を示しました。

福岡県は、今月12日から緊急事態宣言の対象地域に追加されます。

福岡市に本拠地を置くプロ野球、ソフトバンクは7日夜、医療機関の負担軽減のため、福岡県や福岡市と相談しながら福岡市中央区のPayPayドームを新型コロナウイルスのワクチンを接種する会場として提供する意向を示しました。

ソフトバンクの孫正義オーナーは、自身のツイッターで「医療従事者不足の中、大規模会場はワクチンの作業効率向上に役立つのかも。無償提供を検討したい」と投稿しています。