中国 習国家主席とバッハ会長が電話会談 “東京五輪開催支持”

中国の習近平国家主席は、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と7日、電話で会談し、来年冬の北京オリンピック・パラリンピックの予定どおりの開催に自信を示すとともに、東京大会の開催を支持する考えを示しました。

中国外務省によりますと、この中で習近平国家主席は、来年冬の北京オリンピック・パラリンピックについて中国として着実に準備を進めていることを説明し、予定どおりの開催に自信を示しました。

また、習主席は東京大会について引き続きIOCと協力して開催を支持するとしたほか、新型コロナウイルスのワクチンについての協力を強化したい考えを示しました。

これに対し、バッハ会長は北京大会の開催を支持するとともに「オリンピックの政治問題化に反対する」と述べたということです。

北京大会の開催をめぐっては、中国の人権状況を問題視する人権団体やアメリカの一部などからボイコットを呼びかける動きも出ていて、中国としてはIOCとの協力をアピールしこうした動きをけん制するねらいもあるとみられます。