競泳 池江璃花子 五輪めぐり心境「あたたかく見守ってほしい」

競泳の池江璃花子選手が自身のツイッターを更新し、東京オリンピックをめぐってSNSを通じて「開催反対の声をあげてほしい」などとするコメントが寄せられていることを明かしたうえで、「中止を求める声が多いことは当然のことだと思っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです。あたたかく見守ってほしい」と心境をつづりました。

競泳の東京オリンピック代表に内定している池江選手は7日夜、自身のツイッターを更新しました。

この中で池江選手は、SNSを通じてオリンピックについて「辞退してほしい」とか「開催反対の声をあげてほしい」などというコメントが直接、自身に寄せられていることを明かしました。
これについて池江選手は「今、このコロナ禍でオリンピックの中止を求める声が多いことはしかたなく、当然の事だと思っています」と理解を示しました。
そのうえで、「今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちはみなさんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです」と受け止めを記しました。
そして、「私もほかの選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています。ただ今やるべきことを全うし、応援していただいている方たちの期待に応えたい一心で日々の練習をしています。頑張っている選手をどんな状況になってもあたたかく見守っていてほしいなと思います」と心境をつづりました。