菅首相 衆院解散・総選挙「9月末までには」月刊誌インタビュー

菅総理大臣は月刊誌「リベラルタイム」のインタビューで、衆議院の解散・総選挙の時期について、自民党総裁としての任期が満了となる9月末までの間で検討していることを明らかにしました。

この中で菅総理大臣は、衆議院の解散・総選挙の時期について「自民党総裁任期が終わる9月末までの間には、いつか、ということで考えている」として、自民党総裁としての任期が満了となる9月末までの間で検討していることを明らかにしました。

また、新型コロナウイルス対策をめぐり「やはりワクチンが重要だ。一刻も早く全国民がワクチン接種を終えられるように全力を尽くす。何よりも感染者を増やさないことが私の仕事だ」と強調しています。

さらに、東京オリンピック・パラリンピックについて「わが国から世界に向けて希望と勇気を与えることができる安心・安全な大会にするため、感染対策をはじめ、準備をしっかり進める」としています。

一方、子どもに関する政策を一元的に担う「こども庁」の創設をめぐり、虐待対策に関係する府省庁が複数にわたることを例に挙げたうえで「縦割りの弊害をなくして、責任を一元化するためにも『こども庁』が必要だ」としています。