逃げ出した体長約3.5mのヘビ見つからず 雨で捜索打ち切り 横浜

横浜市のアパートからペットとして飼育されていた体長およそ3.5メートルの「アミメニシキヘビ」が逃げ出し、警察が7日、付近を捜索しましたが、見つかりませんでした。8日も引き続き捜索することにしています。

警察によりますと、逃げ出したのは横浜市戸塚区名瀬町のアパートでペットとして飼育されていた体長およそ3.5メートル、重さおよそ10キロの黄色の「アミメニシキヘビ」で、7日は近くの山などを捜索しました。

ヘビは発見されませんでしたが、雨が降りだしたため、捜索は午後3時に打ち切られました。

これまでの調べで、ヘビを飼育していたのは20代の男性会社員で、6日の朝、仕事に出かけ、午後9時ごろに自宅に戻ったところ、ヘビがいなくなっていたということです。

4年前に横浜市の許可を受けて、ガラス製のケースに入れてヘビを飼っていましたが、帰宅した際、ケースの引き戸が開いた状態で、部屋の窓も開いていたということです。

男性は「換気のために部屋の窓を開けて出ていった」と話していて、警察はヘビが逃げた状況などを調べるとともに、8日も引き続き捜索することにしています。

アミメニシキヘビは、毒はありませんが、締めつける力が非常に強く、人に巻きついて死亡させる危険性もあるということです。

専門家「凶暴ではないが 触ろうとすると巻きつかれるおそれ」

ヘビの行動などを研究している京都大学理学研究科の森哲准教授によりますと、アミメニシキヘビは、もともと東南アジアなどの気温が高い地域に生息するヘビで、この時期の日本の気候で活発に行動することは考えにくいということです。

また、夜行性のため、主に夜に活動し、昼間は木の陰や穴などの暗くて湿った場所で動かないケースが多いということです。

ただ、食欲が増すと、庭先などで飼われている比較的小型の犬や猫を襲って食べたり、人にかみついたりするおそれも否定できないということです。

森准教授は「基本的に自分から襲ってくるような凶暴なヘビではないが、触ろうとするとかみつかれたり、巻きつかれたりするおそれがある。もし見つけたときには、むやみに近づかず、警察に通報するようにしてほしい」と話しています。

アミメニシキヘビは「特定動物」

横浜市によりますと「アミメニシキヘビ」は、人に危害を加える可能性があることから「特定動物」に指定されていて、こうした動物を飼育する場合は、自治体から許可を受けて、逃げ出さないようにケースに鍵をかけるなど、適切に管理する必要があるということです。

去年、改正動物愛護法が施行されて以降は、新たに「特定動物」をペットとして飼育することは禁止されましたが、それまでは飼育を希望する場合、動物を手に入れる前に申請書を市に提出し、許可を受ける必要がありました。

申請書には動物の種類や数、それに飼育施設の構造などを記入し、市の担当者が逃げ出すおそれがないかなどを現地で確認して、問題がなければ飼育が許可されていました。

以前からペットとして飼育している場合は、今も5年ごとに、この許可を取り直す必要があるということです。

ことし2月の時点で、横浜市内でペットとして飼育されている特定動物の数は61で、このうちアミメニシキヘビは逃げ出したものも含めて6匹いるということです。