9つ子の赤ちゃん誕生 マリの女性がモロッコの病院で出産

北アフリカ モロッコの病院で、9つ子の赤ちゃんが誕生しました。順調に成長すれば、多胎児出産の新たな世界記録にあたるとみられます。

今月4日、モロッコ最大の都市カサブランカの病院で、西アフリカ マリの25歳の妊婦から9つ子の赤ちゃんが誕生しました。

9つ子は、5人が女の子、4人が男の子で、それぞれ体重は500グラムから1キロの間と小さいものの、母子ともに健康状態は安定しているということです。

女性は当初、7つ子をみごもっていると診断され、マリの医療水準では出産にリスクがあるという判断から、3月末に政府からの支援を受けてモロッコの病院に運ばれ、帝王切開で9人の出産を果たしました。

ギネス世界記録は、2009年にアメリカで誕生した8つ子が多胎児の出産としては最も多いと認定していて、今回の9つ子が順調に成長すれば、新たな世界記録にあたるとみられます。