インド政府 5G実証実験に中国企業参加認めず 中国大使館が反発

インド政府は高速・大容量の通信規格、5Gの実証実験に国内外の企業の参加を認めましたが、中国企業はこれに含まれず現地の中国大使館が反発しています。

インド政府は4日、実用化に向けて国内で半年かけて行う5Gの実証実験に参加を認めた企業を発表しました。

この中には国内の通信各社に加えて、フィンランドのノキアやスウェーデンのエリクソン、それに韓国のサムスン電子が含まれていますが、中国の通信機器大手ファーウェイやZTEは選ばれませんでした。

インド政府は、その理由を明らかにしていませんが、地元メディアは安全保障上の懸念が背景にあると伝えています。

これについてインドにある中国大使館は5日、声明を発表し「中国の企業が5Gの実証実験を許可されなかったことに懸念と遺憾の意を表明する。中国企業の排除はインドの関連産業の革新と発展に寄与しない。インドが開放的で公平な投資やビジネス環境を提供することを期待する」などとして、インド政府の決定に反発しました。

両国の間では去年、国境地帯で双方の軍が衝突し互いに死者が出るなど緊張が続いていて、インドが中国企業が提供するアプリの国内での使用を禁止するなど経済面でも影響が広がっています。