連休明けでたまったメール ウイルス感染の偽メールに注意

システム担当者が不在になる連休をねらったサイバー攻撃のリスクが高まっていることから、情報処理推進機構は、特に連休明けでたまったメールを一度に処理する場合には、ウイルスを感染させる偽のメールを誤って開かないよう注意を呼びかけています。

情報処理推進機構によりますと、最近では「IcedID」というウイルスを使って個人情報を盗み取るなどのサイバー攻撃が流行していて、こうしたウイルスは偽のメールの添付ファイルを開くなどして感染するケースが多くなっています。

偽のメールは実在する取引先をよそおっていたり、差出人のアドレスを偽装していたりと本物と見分けがつきにくいこともあります。
情報処理推進機構は、特に連休明けにメールを一度に処理する場合には、取引先からのメールだと思っても不審な点がないか慎重に確認し、添付ファイルなどを誤って開かないよう注意を呼びかけています。

また連休明けには、パソコンや周辺機器のソフトウエアのプログラムを最新のものに更新してほしいとしています。
情報処理推進機構の中島尚樹主幹は「連休明けのメール処理は、注意が散漫になりがちなので慎重にチェックするようにしてほしい」と話していました。