1歳の長女の手にお湯かけてやけどさせた疑い 母親を逮捕 群馬

群馬県高崎市の住宅で1歳5か月の長女の手に高温のお湯をかけてやけどをさせたとして、25歳の母親が傷害の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは高崎市西横手町の無職、渡辺果菜容疑者(25)です。

警察によりますと、3日正午ごろ自宅の台所で1歳5か月の長女の左手に電気ポットの高温のお湯をかけてやけどをさせたとして、傷害の疑いが持たれています。

4日、渡辺容疑者が長女を連れて市内の医療機関を訪れた際に、医療機関が虐待を疑って市に連絡し、その後、警察が任意で事情を聞いたところ虐待を認めたということです。

警察の調べに対し「泣きやまないことに腹を立てた」と供述しているということです。

警察によりますと命に別状はないということですが、長女の顔には複数のあざがあるということで、警察はほかにも虐待を受けていなかったか慎重に調べることにしています。