日米韓外相会談 あす開催へ 北朝鮮の非核化に向け連携確認か

イギリスで行われているG7=主要7か国の外相会合に合わせて、日本時間の5日、日米韓3か国の外相会談が行われることになりました。アメリカが対北朝鮮政策の見直しを終えたことを踏まえ、北朝鮮の非核化に向けた3か国の緊密な連携を確認するものとみられます。

日本時間の4日未明に開幕したG7=主要7か国の外相会合は、日本時間の4日夕方から、中国への対応やミャンマー情勢などをめぐって2日目の議論が行われています。

こうした中外務省は、日本時間の5日午後、茂木外務大臣、アメリカのブリンケン国務長官、それにゲストとして招待されている韓国のチョン・ウィヨン外相による日米韓3か国の外相会談を行うと発表しました。

会談では北朝鮮への対応が主要な議題となる見通しで、アメリカが対北朝鮮政策の見直しを終えたことを踏まえ、調整された現実的なアプローチとする新たな方針をめぐって認識をすりあわせるとともに、北朝鮮の非核化に向けた3か国の緊密な連携を確認するものとみられます。

またブリンケン長官が慰安婦問題などで大きく冷え込む日韓関係の改善の必要性に言及するかも焦点となります。