飛び込みW杯 14歳玉井陸斗 8位入賞 男子高飛び込み

東京オリンピックの最終予選とテスト大会を兼ねた飛び込みのワールドカップ、男子高飛び込みで14歳の中学3年生、玉井陸斗選手が8位に入賞しました。

飛び込みのワールドカップは、オリンピック会場となる東京・江東区の東京アクアティクスセンターで今月1日開幕し、日本を含む46か国の選手が参加しています。

大会4日目の4日は男女合わせて3種目が行われ、このうち男子高飛び込みの決勝に3日の準決勝で9位に入り、東京オリンピック代表に内定した玉井選手が出場しました。

玉井選手は決勝の3本目で得意とするひざを抱え込んで前回りの宙返りを4回半する大技「109C」で77.70をマークして前半を終えて暫定4位につけました。

そして最後の6本目は後ろ向きに飛んでひねりながら後方に2回半回転する大技「5255B」で上位を目指しましたが入水で乱れました。

この結果玉井選手は合計424.00となり初めて出場したワールドカップは8位入賞でした。

「このまま突っ走りたい」

玉井陸斗選手にとって初めてのワールドカップは世界で戦えるという手応えをつかんだ大会となりました。

14歳の玉井選手は日本選手権2連覇と国内では他を圧倒する成績を残してきましたが、今回のワールドカップのように世界のトップ選手が出場する国際大会の経験はほとんどありませんでした。

実際、演技を終えたあと玉井選手は「国際大会のほうが得点が厳しくなる」と感じたといいます。

その一方で「最後の入水のキレをよくしたらもっと点数が出るのではないか」とさらなる上積みを期待できる可能性も感じていました。

周囲の期待どおりオリンピック代表に内定し、これまで以上に注目されることになりますが「今までたくさん練習してきた分、自分には自信があると思い込んでいます。まだ実感はないが、調子も上がっている。このまま突っ走りたい」とはきはきと答えるその表情に迷いはありませんでした。