プロ野球結果 中日3年目の根尾がプロ1号の満塁ホームラン

プロ野球は4日、デーゲーム5試合が行われ、中日の3年目、根尾選手がプロ1号の満塁ホームランを打ちました。

セ・リーグ

▼中日対DeNAは、中日が8対4で勝ちました。
中日は1回、高橋周平選手の2点タイムリーツーベースと阿部選手の2点タイムリーで4点を先制しました。1点リードとなった3回には3年目、根尾選手のプロ1号の満塁ホームランで突き放しました。先発の大野雄大投手は7回4失点で2勝目です。
DeNAは先発の大貫投手が3回8失点と打ち込まれ、チームの連勝は3で止まりました。

▼ヤクルト対阪神は、阪神が11対5で勝ちました。
阪神は2対4の6回、代打の陽川選手の2点タイムリーツーベースで追いつき、7回にマルテ選手の7号ソロで勝ち越しました。8回にはルーキー中野選手のプロ1号のツーラン、9回にもドラフト1位ルーキー佐藤輝明選手の9号ソロなどで4点を加えました。阪神は4連勝で勝ち越しを今シーズン最多の13に伸ばしました。
ヤクルトは投手陣が打ち込まれて3連敗、阪神戦は6戦勝ち無しです。

▼広島対巨人は、1対1で引き分けました。
巨人は4回、炭谷選手のタイムリーで先制しましたが、広島は5回、床田投手の犠牲フライで同点に追いつきました。
巨人は先発の高橋投手が7回1失点と好投し、広島も床田投手が7回でヒット8本を打たれながら1失点と粘りました。

パ・リーグ

▼ソフトバンク対楽天は、ソフトバンクが6対4で勝ちました。
ソフトバンクは1点を追う2回、中村晃選手の3号ソロで同点とし、さらに今宮選手のタイムリースリーベースなどで2点を勝ち越しました。続く3回には甲斐選手のタイムリーなどで2点を加え、3人目の津森投手が今シーズン初勝利をあげました。
楽天は先発の岸投手が3回5失点と崩れました。

▼西武対オリックスは、6対6で引き分けました。
オリックスは3回の吉田正尚選手の7号ソロなどでリードしながら逆転されましたが、4対6と2点を追う8回、代打のロメロ選手の1号2ランで追いつきました。
西武は5回に愛斗選手の2点タイムリーツーベースなどで3点を挙げてリードを奪いましたが、逃げ切れませんでした。