群馬 谷川岳で男性警察官死亡 同行の女性警察官は不明

4日午前、群馬県みなかみ町の谷川岳で男性1人が遺体で見つかり、警察が調べたところ、2日、登山に出かけたまま連絡が取れなくなっていた警視庁の警察官と確認されました。男性と一緒に登山をしていた警察官の女性1人の行方もわかっていないということで、警察は5日も引き続き、捜索することにしています。

警察によりますと、群馬県みなかみ町の谷川岳に登山に出かけていた、警視庁の警察官の男女2人とおととい以降、連絡が取れなくなりました。

このため警察はおとといから捜索を続けていましたが、4日午前9時前、登山道からおよそ250メートル下で男性1人が遺体で見つかり、連絡が取れなくなっていた東京・板橋区に住む警視庁の警察官、小長井健司さん(43)と確認されました。

警察によりますと、一緒に登山をしていた元同僚で同じく警視庁の警察官の52歳の女性については発見できておらず、警察はあすも引き続き、捜索を行うことにしています。

片品村でも登山の男性死亡

このほか、群馬県内では4日朝、片品村の登山道で、横浜市に住む無職の三城郷惟さん(82)が倒れているのが発見され、その後、死亡が確認されました。

三城さんは3日に1人で登山道の先にある至仏山に出かけ、連絡が取れなくなっていたということです。