川崎 多摩川でバーベキューの男性が溺れ死亡

4日昼すぎ、川崎市の多摩川の河川敷に友人とバーベキューに来ていた20歳の男性が川で溺れて沈んでいるのが見つかり、まもなく死亡しました。

4日午後1時ごろ、川崎市中原区の多摩川で「友人が溺れたようだ」と警察に通報がありました。

警察と消防が捜索したところ、およそ40分後に現場近くの川の中で男性が沈んでいるのが見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

警察によりますと、死亡した男性は横浜市に住む20歳の会社員で、友人と10人余りでバーベキューをするために河川敷に来ていて、川で遊んでいたところ溺れたとみられています。

現場はバーベキューが禁止されていたエリアだということで、警察は友人から話を聞くなどして当時の詳しい状況を調べています。

川崎市は4月20日から「まん延防止等重点措置」の対象地域になっていて、神奈川県は不要不急の外出自粛を呼びかけています。