NBA ウィザーズ八村 チーム最多の27得点 勝利に貢献

NBA=アメリカプロバスケットボール、ウィザーズの八村塁選手は、3日のペイサーズ戦に出場し、チーム最多となる27得点の活躍で、プレーオフ進出を争うチームの貴重な勝利に貢献しました。

八村選手は本拠地のワシントンで行われたペイサーズ戦に5試合連続で先発出場しました。

NBA2年目で通算100試合目の出場となった八村選手は、前半でスリーポイント1つを含む4本のシュートを決めると、第3クオーターには2つのダンクシュートなど4本のシュートをすべて成功させました。

この試合、八村選手は31分19秒プレーし、チーム最多の27得点を挙げ、リバウンドが7つ、アシストが2つという成績でした。

チームも154対141で勝ち、八村選手はプレーオフ進出を争うチームの貴重な勝利に貢献しました。

ウィザーズは30勝35敗となり、順位は15チーム中10位で変わりません。

八村「大きい勝利」 6日は渡邊雄太所属のラプターズ戦

試合後、八村選手は「プレーオフ進出を目指している中で1試合1試合が大事になっている。大きい勝利だった」と振り返りました。

そのうえで、この試合で24アシストを記録したウエストブルック選手について「信じられない数字。リーグでベストの選手として毎試合レベルの高いプレーを続けているし、そういう選手が横にいていろんなことを学んでいる」とたたえました。

6日に試合が予定されているラプターズには渡邊雄太選手が所属していて「ことしまだ1回も直接対戦していないので楽しみだ。お互い大事な試合なのでしっかり勝ちたい」と話していました。