米国務長官 韓国外相と会談 対北朝鮮政策で連携確認

アメリカのブリンケン国務長官は、訪問先のイギリスで韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)外相と会談し、バイデン政権が見直しを終えた対北朝鮮政策について説明したのに対して、チョン外相は、現実的だとして歓迎し連携を確認しました。

G7=主要7か国の外相会合に出席するためロンドンを訪れているアメリカのブリンケン国務長官は、3日、会合にゲストとして招かれている韓国のチョン・ウィヨン外相と会談しました。

アメリカ国務省によりますと、会談で両外相は北朝鮮情勢をめぐり「朝鮮半島の非核化に向けた日米韓3か国の協力など、共通の安全保障上の目標を推進するための連携を確認した」ということです。

これに関連し、韓国外務省は、ブリンケン長官が、バイデン政権が見直しを終えた対北朝鮮政策について説明し、チョン外相は「現実的で実質的な方向で決定された」として歓迎したと発表しました。

バイデン政権は政策の詳細を明らかにしていませんが、外交を通じて朝鮮半島の完全な非核化の実現を目指すとしています。

また、今月21日にワシントンで行われる米韓首脳会談に向けても緊密に協力していくことで一致したとしています。

一方韓国の通信社、連合ニュースは、取材に応じたチョン外相が、日本との外相会談について茂木外務大臣と「会うことになると思う」と述べたと伝えました。