憲法記念日 改正求める立場・守る立場 集会やフォーラム

憲法記念日の3日、憲法改正を求める立場の人たちや憲法を守る立場の人たちが、それぞれフォーラムや集会を開きました。

憲法改正を求める立場の「民間憲法臨調」などは都内でフォーラムを開き、その様子はインターネットで配信されました。
この中で、ジャーナリストの櫻井よしこさんは、「憲法改正の議論は、国内の世論がまだ成熟していないことや、国際社会がどう見るかということを非常に気にしてきたが、いま、改正を望む声は圧倒的に強くなっているのではないか。日本を取り巻く状況を見ても、今、憲法改正しないでどうするのか」と訴えました。

そして、「構造的欠陥のある現行憲法で国家の主権や国民のいのちと暮らしを守っていくことが可能だろうか。国会や各党、各会派に対して、国民投票法改正案をすみやかに成立させるとともに憲法改正原案づくりに着手し、憲法改正の国会発議を実現するよう強く要望する」などとする声明が採択されました。
一方、憲法を守る立場の市民団体が国会前で開き、その様子はインターネットでも配信されました。
このなかで憲法9条を守る活動を行う「九条の会」の事務局長で、東京大学名誉教授の小森陽一さんは、「多くの人々がコロナ禍で働く場所を失い、貧困が加速している。とりわけ多くの女性たちにそのしわ寄せがいっている。憲法の条文の内容を政治の現場で実現するよう主張していかなければならない」と訴えました。

参加者からは「憲法をずっと守ってきたうえでの今の平和がある。これからも平和憲法を守りたい」という声のほか、国民投票法改正案について「コロナで命や暮らしが大変な状況なのでその対応を優先してほしい。急いで手続きを進めるのではなく、時間をかけて議論を尽くすべきだ」という声が聞かれました。