大阪 ワクチン大規模接種会場 大阪市の府立国際会議場に決定

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種に向けて、中山防衛副大臣は大阪の接種センターの候補地を視察したあと、会場を大阪市の府立国際会議場にすることを明らかにしたうえで、東京会場と同じく今月24日の開設を目指して準備を進める考えを示しました。

新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、政府は自衛隊が設置と運営にあたり東京と大阪に大規模な接種センターを設けることにしていて、東京では今月24日の開設に向けて会場となる大手町の合同庁舎で準備が進められています。

こうした中、防衛省の中山副大臣は3日、会場が決まっていない大阪を訪れ、候補地としているいずれも大阪市にある府立体育会館と府立国際会議場を視察しました。

視察のあと、中山副大臣は記者会見で高齢者の利便性などを総合的に考慮し接種センターの会場を国際会議場に決めたことを明らかにしました。

そのうえで「大阪は医療がひっ迫するなど新型コロナウイルスの猛威を最も受けている地域だ。能力や知見を十分に生かして大規模接種に全力で取り組む」と述べました。

開設は、東京会場と同じ今月24日を目指し、土日祝日を含めて毎日午前8時から午後8時まで3か月間接種を行うほか、対象は大阪の高齢者などに加え近隣の兵庫、京都も念頭に感染状況も見極めながら決めていくとしています。

また、予約の受け付けはインターネットを中心としコールセンターの設置も予定しているということです。