関越道で事故対応の警察官がはねられ死亡 新潟

2日夜、新潟県湯沢町の関越自動車道で事故の対応にあたっていた警察官が別の乗用車にはねられ死亡しました。

2日夜10時すぎ、新潟県湯沢町の関越自動車道で乗用車の単独事故の対応にあたっていた新潟県警高速道路交通警察隊湯沢分駐隊の大橋城巡査部長(36)が、その後、走行してきた乗用車にはねられました。

警察によりますと、大橋巡査部長ははねられる直前に同僚と2人で現場に到着し車線を規制するための準備をしていたということで、病院に運ばれましたがおよそ2時間後に死亡しました。

一方、大橋巡査部長をはねた車には埼玉県の男女2人が乗っていましたが、単独事故を起こして止まっていた乗用車に衝突し、2人ともけがをして病院で手当てを受けたということです。

事故の影響で関越自動車道の下りは、およそ9時間にわたって通行止めになりました。

警察は当時の状況などを詳しく調べています。