静岡 牧之原の突風被害 竜巻の可能性高い 静岡地方気象台

静岡県牧之原市で1日に発生した突風の被害を受けて、気象台が職員を現地に派遣して調べたところ、竜巻だった可能性が高いことがわかりました。気象台は引き続き当時の詳しい状況を調べています。

3人がけが

静岡県牧之原市では1日、突風が吹き、静岡県などの2日午後5時時点のまとめによりますと、市内の30代から60代の男女合わせて3人が割れたガラスで軽いけがをしました。

また、住宅など建物への被害は、牧之原市の布引原地区を中心に屋根や壁がはがれるなど63棟に上ったほか、倉庫や車庫など3棟が全壊しました。

このほか、被害状況を確認中の住宅などが牧之原市内で25棟あるということです。

市内では、2日早くから住民が突風で吹き飛ばされた物の片付けに追われていました。

停電 約560戸(午後5時)

また、16本の電柱が倒れるなどの被害も出ていて、中部電力パワーグリッドによりますと、午後5時の時点でおよそ560戸で停電が続いていて、2日中の解消を目指すとしています。

静岡地方気象台によりますと、調査班を現地に派遣し、被害の詳しい原因を調査した結果、突風は竜巻の可能性が高いことがわかったということです。

活発な積乱雲が付近を通過していたことや、被害や痕跡が帯状に分布していたこと、「ゴーという音が移動した」という証言が複数、聞かれたことなどがその理由だとしています。

また突風の強さは、大型の自動車が横転したことから、風速およそ55メートルと推定され、6段階ある突風の基準では4番目の強さに相当するとしています。

住宅などの被害は布引原地区を中心に西から東にかけての直線上に点在しているということで、静岡地方気象台の藤村昌彦 防災指導係長は「建物の壊れ方や、被害があった範囲の長さや幅、住民への聞き取り調査の結果を踏まえてどのような現象が起きたのかさらに詳しく調べたい」と話しています。