柔道男子 五輪代表らの強化合宿中止 選手1人がコロナ陽性判定

全日本柔道連盟は、東京オリンピックの代表内定選手や世界選手権の代表選手などが参加する予定だった男子の強化合宿について、選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたため、中止にしたと発表しました。

柔道男子の強化合宿は、東京オリンピックの代表内定選手7人全員や、6月の世界選手権の代表選手、それにスタッフなど合わせて29人が参加し、東京 北区で1日から5月5日までの日程で行われる予定でした。

全日本柔道連盟によりますと、1日の朝、新型コロナウイルスのPCR検査をした結果、選手1人が陽性判定を受けたため強化合宿を中止したと発表しました。

陽性の判定を受けた選手は隔離され、療養中だということです。

全柔連は「保健所などの指導に基づいて必要な対応をしていく」としています。

オリンピック本番まで3か月を切る中、代表内定選手が一堂に集まる合宿が中止となり、強化方針の見直しを迫られる事態となりました。