NBA ウィザーズ 八村 4試合連続ふた桁得点も チームは逆転負け

NBA=アメリカプロバスケットボール ウィザーズの八村塁選手は1日、マーベリックス戦に出場し、4試合連続のふた桁得点となる18得点をマークしましたが、チームは1点差で逆転負けしました。

八村選手は相手の本拠地、ダラスで行われたマーベリックス戦に4試合連続で先発出場し、前半で3本のシュートを決めました。

さらに第3クオーターの同点ゴールで得点をふた桁の11点に乗せ、第4クオーターでは逆転のスリーポイントシュートを成功させました。

八村選手はこの試合、28分34秒プレーして4試合連続ふた桁の18得点をあげ、リバウンドは2つでした。

試合はウィザーズが残り9秒で逆転のスリーポイントシュートを決められて124対125の1点差で敗れました。

ウィザーズは3連勝を逃して通算成績は29勝35敗となり、順位は15チーム中10位のままです。

一方、ラプターズの渡邊雄太選手はジャズ戦に途中出場し、速攻からのダンクシュートを決めました。

この試合は14分20秒プレーして2得点で、リバウドは1つ、アシスト2つ、相手のボールを奪うスティールが1つでした。

ラプターズは102対106で敗れて3連敗で通算成績は26勝38敗になりましたが、順位は12位で変わりませんでした。