転職考える契機は… “コロナによる環境や意識の変化”6割超

転職を目指している人のうち、新型コロナウイルスによる環境や意識の変化がきっかけになったという人が全体の60%を超えるという調査結果がまとまりました。専門家は、コロナ禍の長期化による先行きへの不安から、企業に依存しないキャリア形成を考える人が増えていると指摘しています。

情報サービス大手のリクルートは、ことし3月下旬に転職の活動を行っている20歳から59歳までの正社員、1040人を対象にアンケート調査を行いました。

それによりますと、転職を考えるようになったきっかけに新型コロナウイルスが関係していると答えた人は、63.5%に上りました。

その理由を複数回答で尋ねたところ、
▽「会社の戦略や方向性に不安を感じた」が35.1%で最も多く、
次いで
▽「よりやりがいのある仕事をしたい」が26.7%、
▽「テレワークなどの柔軟な働き方を希望する」が17%などとなり、
コロナ禍の長期化や在宅勤務の広がりが自分の仕事を見つめ直すきっかけになっていることがうかがえます。

専門家「働き方も変化 企業に依存しないキャリア形成に」

労働者のキャリア形成に詳しい大手前大学の平野光俊教授は「終身雇用や年功序列などの日本型雇用システムが揺らぎ、働き手の不安が増していた中でコロナショックが起き、不安が増幅されている。リモートワークの導入など働き方も変化し、多くの人が企業に依存しないキャリア形成を考えざるをえない状況に追い込まれている」と指摘しています。