ラグビー日本代表 メンバー外の選手と対戦へ 五郎丸招集も検討

新型コロナウイルスの影響で海外チームとの対戦が難しいことから、ラグビーの日本代表が、来月12日に予定している強化試合で代表メンバーから外れた候補選手などで作るチームと対戦する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。このチームには今シーズンかぎりでの引退を表明している五郎丸歩選手を招集することも検討されているということです。

ラグビー日本代表は、来月26日に、イングランドやアイルランドなどの代表を集めた連合チーム、「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」とスコットランドでテストマッチを行う予定です。

この試合に先立って来月12日に静岡県で予定されている強化試合を、当初は海外からチームを招いて行う方針でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で断念したことが関係者への取材でわかりました。

このため、日本代表は、代表メンバーから外れた候補選手などで作るチームと対戦する方針が固まったということです。

このチームには、静岡県を本拠地とするトップリーグのヤマハ発動機に所属し、今シーズンかぎりで引退することを表明している五郎丸歩選手を招集することも検討されているということです。

ヤマハ発動機は先月、トップリーグプレーオフトーナメントの2回戦で敗退していました。